♪〜My Leier〜 ♪ライアー演奏情報 ♪ライアー教室のご案内  

〜My Leier〜

ライアーには様々な形のものがあります。
丸い形のものや、角ばったもの・・・
また、しずくのような形のものまで・・・

現在、私が使用している楽器はこちらのものです(^^)

左のライアーは「ソプラノライアー」です。

ドイツの「グンドルフクーン」という工房で作成されました。

木の素材は「桜」。

弦は39弦です。最低音はビオラと同じです。

高音部はキラキラとした、低音部は深い響きがします。


右のライアーは「アルトライアー」です。

ドイツの「ヨエックス」という方の工房で作成されました。

木の素材は「楓」。

弦は42弦です。最低音はチェロと同じです。

深い響きと明るい響きが表現を豊かにします。

グリッサンドの残響を聴いているとまるで、

ヨーロッパの教会の中にいるような感覚になります。


もうひとつは、「浜松ライアー」です。



文字通り、静岡県の浜松で生産されている国産ライアーです。

こちらの使用されている木は「ポプラ」と「スプルース」。

日本人の身体になじむように作られているので、

弦の間隔や、楽器の形状など、とても扱いやすく感じます。

こちらの音域は「グンドルフ」のライアーより、

1つずつ音が上「ミ〜2オクターブ上の高いミ」までです。

音の質感は素朴な響きで、アイルランド民謡などを演奏すると、

個人的にはとても雰囲気が合う気がします。

同じ楽器どうしで音を出すとまた、素敵な響きで感動しました。


もうひとつ、最近、仲間入りしたのがこちら、「ザーレムソプラノライアー」です。



ドイツのホルスト・ニーダーさんによって製作されているライアーです。。

こちらの使用されている木は「トネリコ」。

バットに使われたりする木です。

ザーレムのライアーは不思議で、奏でている本人と聴き手では

音量の感じ方がもしかしたら違うかもしれません。

「グンドルフ」のライアーと比べると弦の幅が狭く、演奏の仕方も変える必要があるようです。

音域はグンドルフのソプラノライアーと同じ、「ヘ音記号のド〜ト音記号加線のレ」までです。

音の質感は澄んだ響きで、私個人的には中音域から高音域の音が好きです、


〜2017年ライアー演奏情報〜

♪6月のコンサート♪

お子様といっしょに「ゆりかごの歌」ライアーコンサート


♪日時 2017年6月18日(日) 

午前の部 10:30〜11:15
午後の部 14:00〜14:45

♪会場 横浜ノイエ
横浜市営地下鉄「三ツ沢下町駅」より徒歩約8分

♪料金 大人1000円 小学生500円 未就学児無料

各回定員15名
ご予約、お問い合わせについては
ntabu@nifty.com
井上まで

ライアー教室のご案内はこちらへ


管理人の日々のブログはこちらへ・・・




ライアーの響きを気軽に聴いてみたい、触ってみたい、という方は

♪ワンデーカフェ・プチボヌール♪

にお越しいただければ管理人がライアーを演奏しております。
(ワンデーカフェは定期開催はお休み中です)

詳しい日程と場所は ワンデーカフェ・プチボヌールのブログへどうぞ!



Homeへもどる